廃車 費用 お得

廃車費用を安くする方法

スクラップ工場で働く私が廃車を賢くお得にする方法を教えます

メニュー

3月中に廃車出来るまでのカウントダウン廃車(永久抹消登録手続き)は3月までに廃車するような車は中古車買取店には売ってはいけない廃車する車も色々ありますスクラップ工場の班長です!

3月中に廃車出来るまでのカウントダウン

いやー毎年のこととはいえこの3月は忙しいなんてレベルじゃありません!もう毎日毎日、廃車、つまりスクラップ依頼の車が列をして待っています。。スクラップしてもスクラップしても追いつきませんよ。。

やはりみんな自動車税、軽自動車税を払いたくないんですね。1日でも早く廃車したいのでスクラップしてくださいといった依頼が後を絶ちません。

ただ3月も後半になるとその依頼は急激に減ってきます。理由としては、車を廃車するには3月中に永久抹消登録の手続きが必要となりますが、永久抹消登録に必要な書類は車をスクラップしてから1週間ほどしなければ送られてこないので、3月後半に車をスクラップしても間に合わない可能性が高くなるんですよ。

しかも3月は廃車したい車が多いので、書類の送付が遅れることも多いので、個人的には3月20日までに車をスクラップしなければ、3月中に永久抹消登録出来ない可能性が高いと思います。

ただそのことを知らない人も多いので、なかなかスクラップする車の数も減ってこないので、残業、残業の毎日です。僕的には給料が増えるので嬉しいのですが。。

この忙しさも4月まで。5月(ゴールデンウィーク明け)に入ると途端にスクラップ依頼が減り、日常に戻ります。

とにかくあと少し、頑張りたいと思います!

廃車(永久抹消登録手続き)は3月までに

年が明ければ3月まではスクラップ工場は1年で最も忙しい時期になります。

やはり3月までに車を廃車(永久抹消登録)しなければ、軽自動車であれば1年分の軽自動車税がかかりますし、普通自動車でも3月までに廃車(永久抹消登録)しなければ5月に自動車税の納付書が送られてくるので(当然4月に廃車すれば還付されますが手続きが面倒)、廃車する予定の車がある場合は必ず3月までに永久抹消登録の手続きを終わらせましょう。

またスクラップ工場も非常に忙しく、解体希望が殺到してくるので、解体までに1週間ほど時間がかかる場合がありますので、廃車しようと考えられている方は余裕を持って3月の上旬までには解体業者へ解体の申し込みを行いましょう。

と色々書きましたが、とにかくこの時期は僕たち車関係の仕事だけではなく、引っ越し業者、お役所、会社の決算時期など、年度末は多くの人が忙しくなる時期なので、心にも時間にも余裕を持って行動したいものです。

僕も仕事が忙しくなると余裕がなくなってしまうので、仕事は忙しくても常に自分を落ち着かせ、行動するように心がけたいと思っています!

廃車するような車は中古車買取店には売ってはいけない

友達のヴィッツをいくらで買い取れるかですが、まずこのヴィッツ、普通の車買取店なら間違いなく値段はつかず、買い取ってもらうのに逆に3万円ほど払わなくてはならないと思います。

また中古車買取店の場合、廃車すれば戻ってくる自動車税、自賠責保険も色々難癖をつけて還付してくれないことが多いので、トータルで考えれば5万円以上、損すると思います。

その点、僕が働いているスクラップ工場であれば、原則として廃車(永久抹消登録)する車を買い取る場合、自動車税と自賠責保険は還付するので、それだけでも1~2万円ほど中古車買取店よりもお得に廃車できるんです。

さらにどんな車でもお金を取って買い取ることはしない、つまりどんな車でも0円以上での買取を明言しているのでお金がかかることはありません。それがたとえ動かない車、車検切れの車、事故車などでも一緒で、レッカーする場合も1円もかかりません。

それでもまだまだスクラップ工場で廃車するくらいなら中古車買取店に買い取ってもらったほうが良いと思っている方が非常に多いんですよね。

これはネットの広告なども影響していると思うんです。

最近は中古車一括査定などの広告があふれていますが、スクラップ工場の広告なんて見ませんよね?そのあたりの影響が大きいと思います。でも賢い人は知っているので、皆さんも広告に騙されないようにしてくださいね。

廃車する車も色々あります

スクラップ工場で働いていると毎日とんどもない車が解体に来ることがあります。

例えば動かない車なんて当たり前で、いったいこれいつの車?この痛車なに?誰が乗ってたの?これなんて車?日本車?外車?など例を挙げればきりがありません(;^_^

ですので一般的な過走行車や車検切れの車なんて何とも思わないどころか、もっと乗れるだろう?と思える車も結構あります。

ただ車のオーナーからすれば、このまま乗り続けると車検代や修理費、自動車税、駐車場代など、さまざまな維持費がかかるので、それなら廃車したほうが良いと考えることも仕方ありません。

もちろん裕福な方で趣味で車を所有する人からすれば車の維持費なんて大したことないと思っているかもしれませんけどね。

さて最近友達が乗っているトヨタのヴィッツを廃車しようか迷っていると相談を受けました。走行距離は12万キロとそれほどたいしたことはありませんが、ナビが壊れてオイル漏れもするので、半年後の車検までに廃車したいと考えているようです。

このヴィッツをいくらで買い取れるか?僕自身が査定して友達に伝えようと思いますが、予想では1万ほどで買い取れると思います!

スクラップ工場の班長です!

はじめまして。スクラップ工場で働く悟志といいます。僕はいまの工場で働いて5年になり、昨年、その仕事ぶりが認められ晴れてB班の班長を任せられるようになりました!

一般企業であれば班長は課長クラスかな?少し給料も上がって俄然、仕事に対するヤル気がでているところです!

さてそんな僕がこのブログを始めたキッカケは、友人が車を廃車する際に、いまだにお金がかかると思っていたことが分かったからです。

スクラップ工場で働いている僕らからすれば、どんな車だってほぼ無料以上、つまり0円以上で廃車できるのに、世間的にはいまだに廃車するのにお金がかかると思っているんだなーと思ったため、このブログを通じて、どのようにすれば0円以上で廃車できるかを伝えることが、スクラップ工場B班、班長の悟志の使命だと思ったんです!

廃車の手続きを大まかに説明すると、スクラップ工場で車を解体し、ナンバープレートを受け取り、ナンバープレートや車検証、自賠責保険証などの必要書類を持って、近くの陸運局、または軽自動車であれば軽自動車協会に行って手続きするだけです。

何も難しいことはありませんし、この流れで発生する費用は陸運局(軽自動車協会)で必要になる数百円とそこまで行く交通費くらいです。

あれ?スクラップ工場で解体する場合、お金は取られないの?と思われる方もいるかもしれませんが、これは工場によって異なるので一概には言えませんが、僕が働くスクラップ工場では解体するのに費用が掛からないどころか、こちらから鉄くず代金として数千円払っています。

わかりました?つまり多くの場合、数千円プラスになって廃車できるんです。

ただ何事も例外はあるので、それらも含めて今後、お得に廃車する方法を伝えていきますので、廃車するような車がある方は楽しみにしていてください!

メニュー

3月中に廃車出来るまでのカウントダウン廃車(永久抹消登録手続き)は3月までに廃車するような車は中古車買取店には売ってはいけない廃車する車も色々ありますスクラップ工場の班長です!


Copyright ©廃車費用を安くする方法 All rights reserved.

ログイン